OGIMOノート~家族のためのモノづくり~

OGIMOノート ~家族のためのモノづくり~

8歳の娘と、6歳の息子(脳性麻痺)を持った父親エンジニアの備忘録。自作の電子工作おもちゃ/リハビリ器具/ロボット関係の製作記録、勉強記録を残していきます

歩けない息子の足代替モビリティ開発記② ~手を繋いで一緒に散歩~

物理的に歩くのが難しく、また知的障害もあり電動機器の操作習得が難しい息子。 そんな息子の「自分で動きたいという意志を引き出す」事を目指した 息子専用のモビリティ(電動車椅子)の開発・練習記録を記しています。 ■前回の記事はこちら ogimotokin.haten…

Maker Faire Kyoto 2020 Online 出展情報

出展情報 ① AT×キッズ&ファミリー ①-1: 息子おうちリハビリ用プロジェクションゲーム壁 ①-2: スイッチで選ぶ「かおす暴走くまさん」 ①-3: パリピ改造くるくるチャイム ② AT×モビリティ ②-1: 面白乗り物に変身する電動車椅子(WheelChair Vehicle) ②-2: おしゃ…

歩けない息子の足代替モビリティ開発記① ~手作り電動台車 から 車椅子物理ハックへ~

歩けなくても「自分の意志で行きたいところに行ける」未来は創れるはず! 取組み① 息子用姿勢保持椅子の電動台車ユニット製作 (2019年9月) 工夫ポイント 製作システム 取り組み成果 取組み② 大人用電動車椅子を使った1ボタン操作ユニットの開発 (2019年10月)…

自宅で作れる新型コロナ(COVID19)対策用フェイスシールド & マスク事例

はじめに 新型コロナ(COVID19)が猛威を振るっている昨今。政府より緊急事態宣言が出されて「Stay Home(自宅待機)」が推奨されている状況です。そんな中、現在深刻な問題になっているのがマスク・フェイスシールドなどの防護具不足。 特に医療関係・商業関係…

【DIY】お風呂介助用の姿勢保持(支え)器具を作ってみた

製作目的 6歳になる弊息子は自分一人で座位を取ることが困難で、普段は「ズリバイ状態」か「上半身を固定(拘束)可能な専用椅子に座った状態」です。 そんな息子を介助している中で、大きな悩みが【お風呂介助】です。今までは、 私(父親)が介助する場合は息…

分身ロボットで更なる身体拡張 OriHimeジェスチャーコントローラ製作

製作動機 単身赴任中、家族と遠く離れた寂しさを解消するために導入した 分身ロボットOriHimeogimotokin.hatenablog.com 分身ロボットOriHimeにはカメラが内蔵されており、 操作者はスマホに表示されたカメラ映像を見ながら、 遠く離れた相手と相手と音声会…

「家族のためのモノづくり」& 自己紹介 (2020/5更新)

ブログを始めて2年。 最近になってTwitter等のSNSでフォロー頂ける方も増えてきて、活動に興味を持ってお声がけ頂ける方も増えてきたので、 ここで改めて自己紹介をさせて貰いたいと思います。「家族や身近な人のためのモノづくり活動」 に興味を持って頂い…

ワンスイッチ操作で演奏できる 「打楽器ハンド(効果音付)」を作ってみた

はじめに 今年の目標の一つである 『友達と一緒に楽器演奏するためのサポート機器作り』製作のきっかけは、障害を持ったお子さんのご家族・友人らのSNS投稿。 「お友達と一緒に楽器演奏をしたがっている」 「手を上手に使えなくても、タンバリンやドラムを叩…

知育玩具「くるくるチャイム」をデジタルおもちゃに改造してみた

はじめに 今年の開発テーマの一つである 「息子の好きな斜面転がしを活かした遊びを考える」 現在、リハビリで長期入院中の息子。毎日、自由時間は病院内のおもちゃで遊んでますが、さすがに同じものを繰り返しになると飽きてきてる様子… その中でも、今はボ…

【まとめ】2019年ふりかえり ~作ったモノたち編~

棚卸しの意味も込めて、作ったモノ観点で 2019年を振り返り。 『息子のために、家族のために、誰かのために、 自分の技術を生かしたモノを作りたい!』 という決意をした2年目。 とにかく手を動かし続け、気が付けばメジャーなモノだけで 【29個】ほど作りま…

M5StickCを使ったタンバリン型スイッチを作ってみた

はじめに Nintendo Switchコントローラを改造して、手の不自由な息子も一緒に家族でゲームを楽しめるための取り組み!ogimotokin.hatenablog.com前記事にて物理スイッチで操作できるゲームコントローラを製作しました。 これにより、様々なスタイルでNintend…

Nintendo Switchゲームを物理スイッチで操作できるコントローラを作ってみた

はじめに(製作動機) ゲーム好きな我が家族、妻と娘は時間を見つけてはNintendo Switchのゲーム(スプラトゥーン、マリオカートなど)で毎日楽しく遊んでいます! 息子もその横で、楽しそうに画面を見て喜んでいます。しかし、見てるだけで、操作できない。ゲー…

【かんたん工作】100均グッツで可愛く光る意思伝達スイッチを作ってみた

はじめに 障害を持った子供達が 自分の意志を表現・伝達するための手段である「スイッチ」www.rehab.go.jp「電気を流す/流さないを切り替える」という電気工学観点だけではすごくシンプルなのですが、 「人の意思を表現する手段」として人間工学観点でのスイ…

Blynk(Bridge機能)で、宅外~宅内のM5Stack間で呼び出しシステムを作ってみた

製作動機 我が家のリビングに設置された「予定通知ロボット」M5Stackに加えてBlynkというアプリで連携すれば、スマホからリビングにある通知ロボット(M5Stack)との情報連携が簡単にできます。しかし、欠点としては、「常にスマホが必要となる事」です。例え…

息子向けポータブルモリビリティを改造してみた③ (速度可変+音声イルミ対応)

製作動機 元の製作動機自体は、以前の記事を参照頂ければ、と思います。ogimotokin.hatenablog.com 歩けない息子の足の代わりの移動手段としての電動機器 その操作練習を早めに始めるための機体として購入した子供用電動移動機器「Mottoy」操作コントローラ…

【メディア掲載/自己紹介】 歩けない息子のために「発明」を続ける父の想い (2019/9/18 デイリーポータルZ 掲載分)

障害を持った息子や家族のための個人メイカー活動をデイリーポータルZ様に取材頂き、2019/9/18に同サイトで掲載頂きました。当事者目線×試行錯誤×ひと笑いモノづくりにかける私の想いを等身大で存分に表現頂いており、また一笑いを加えた発明品の数々も紹介…

【かんたん工作】 おもちゃ改造してワンワンぬいぐるみを暴走させてみた

本記事で伝えたいこと:大事なのは技術力じゃなくて「解決したい課題」に対する着眼力・アイディア力 製作動機 知的にも遅れのある息子氏。4歳を過ぎても周囲に対して鈍感で、何もせずぼーっとしている様な印象でした。子供にとって好奇心こそ重要! 好奇心…

単身赴任の寂しさ解消!? 分身ロボットによる遠隔家族団らんチャレンジ

私自身の活動テーマである「家族のためのモノづくり」その一環として、昨年11月より使用させて頂いております 分身ロボットOriHimeの活用事例 について、OriHimeの製作元である オリィ研究所 | オリィ研究所。株式会社オリィ研究所はOriHime-分身ロボットを…

車椅子を「ワクワク新幹線」に変える M5Stack×スピーカ×イルミモジュール製作

はじめに 私は、障害を持った息子や家族が、日々楽しく過ごしていくためのサポートとして電子機器やおもちゃ等の「家族のためのモノづくり」として活動しています。そんな自分が製作していたものをtwitter等のSNSに発信し続けていたところ、 世界ゆるスポー…

Maker Faire Tokyo 2019 出展情報 (ブース紹介)

出展情報 8/3(土)~4(日)に東京・ビックサイトで開催される メーカーイベント Maker Faire Tokyo 2019に 個人として出展します。2019年5月のMaker Faire Kyoto 2019に続き、人生2回目の展示会参加になります。 日時 : 2019年 8月3日(土)12:00~19:00 8月4…

YOLO v3による一般物体認識をROS上で試してみた

はじめに 前回の記事で取り上げた深度計測カメラD435 と 自己位置認識カメラT265 ogimotokin.hatenablog.comこれを使って、『息子と自動で鬼ごっこをするロボット』や『息子からひたすら逃げる立位支援ロボット』などを作りたいというモチベーションがでてき…

RealSense D435(距離計測カメラ) & T265(自己位置認識カメラ) をROS上で動かした

はじめに 現在、息子の遊び相手になってくれる自律移動ロボット 及び 息子の手動車いすを電動化かつ半自動運転化する仕組みを個人で検討中。 その中で、今更ながら Intel Realsenseカメラを入手することができたので、導入に向けて早速立ち上げてみました。R…

ROS2 crystalをUbuntu16.04にインストールして動かしてみた

ROS

はじめに ロボット向けミドルウェアROS(Robot OS)。 複数センサー/デバイスを分散処理しやすい、センサー可視化ツールが豊富、オープンソースで利用者が多い等、現在ロボットソフトのデファクトスタンダードになっているソフトウェアです。個人でも、業務で…

Maker Faire Kyoto 2019 に出展 & プレゼンします

出展情報 5/4(土)~5(日)に京都・けいはんなで開催される メーカーイベント Maker Faire Kyoto 2019に 個人として出展します。 日時 : 2019年5月4日(土)12:00~18:00、 5月5日(日)10:00~17:00 場所 京都・けいはんなオープンイノベーションセンター(KI…

M5Stack+Blynkを使って、お父さん帰宅連絡「今から帰る~」を簡易化してみた

はじめに 先日作成した『おとんスケジューラ』をキッチン横に導入して、少しずつお父さんのスケジュールが家族と共有できる様になってきました。そこで、その続きとして、お父さんが退社後の帰宅連絡「今から帰るよ~」を簡易化する手段を検討し始めました。…

お父さんの予定(Googleカレンダ) を自宅リビング(M5stack)に表示する『おとんスケジューラ』の開発

はじめに 11月から東京単身赴任になりつつも、業務都合で自宅(大阪)に週の半分近く滞在している生活を続けています。 そんな中で、現在困っているのは、業務都合により流動的なお父さんのスケジュールの家族への賢い共有方法。普段は、LINE等を使ってスケジ…

息子の歩行リハビリを楽しくするメロディ靴 Ver.4 を作ってみた

はじめに 昨年7月に息子の歩行リハビリのモチベーションを上げるため、 足を踏み込むと楽しい音の鳴る電子工作靴の試作3号機を製作しました。ogimotokin.hatenablog.com作って以降、おうちリハビリで定期的に使ってきましたが、 息子自身の認知反応が薄かっ…

簡単にスピーカ再生機能を追加! DFPlayer MiniでMP3音源再生!

はじめに アレコレとモノを作るのに熱中しているとブログ更新をしなくなってしまいますね(-.-) 「作ったモノの情報をしっかり整理して書き残そう」と考えると、 ついつち後回しになって記事が進まない。。。なので、改めて初心に戻り、「自分の技術メモ+備…

M5Stackで作る 子供のためのクリスマスツリーイルミネーション

はじめに この記事は、M5Stack Advent Calendar 2018の25日目の記事になります。 qiita.com私のプロフィールは右側カテゴリ欄の「自己紹介」を参照ください! 普段は、子供・家族が実生活で使える様なリハビリ器具・電子工作機器を作っています! 子供向けの…

二輪走行ロボット「mBot」をWifiコントローラ(息子リハビリ用)で操作してみた

はじめに 前回は息子用モビリティを作成しましたが、そちらのブラッシュアップに現在取り組み中。特に、姿勢保持の課題に現在トライ中。ogimotokin.hatenablog.com ogimotokin.hatenablog.comその一方で、「ジョイスティックの操作感に不慣れ」という課題に…